屋久島旅行記その20 完(仮)


 

dscf1060
2016.7.27(Wed.)10:00「楠川温泉」

きれいな小川のせせらぎ。脱衣所の外にテラス席があって、小川を覗ける。小魚やエビの赤ちゃんが泳いでいた。

楠川温泉

%e6%98%ad%e5%92%8c54%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%a5%a0%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89

楠川温泉は1590年(天正18年)、実に400年以上前から湯治温泉として利用されている歴史ある名泉。昔は、無人の宿泊施設があり、島民は自炊しながら湯治治療で疲れた心体を癒やしていました。休憩所に昭和54年頃の楠川温泉の写真が飾られていましたが、女将さんにお伺いした所、当時の建物は洪水に流されてしまったそうで、建て直して今に至るそうです。写真だと、もろ川沿いですもんね。今も川沿いですが、一段高い所に建っています。かけ流しではなく、ボイルした温泉が湯船に張られている。入浴時間は9:00~20:00 料金は大人300円。

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e5%85%a5%e5%8f%a3

%e6%b9%af%e6%b2%bb%e6%b9%af%e3%81%a8%e6%b8%a9%e6%b3%89%e5%8f%8a%e3%81%b2%e3%82%99%e5%86%b7%e6%b3%89%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e5%85%a8%e6%99%af%e3%81%a8%e6%b0%b4%e7%a5%9e%e6%a7%98

%e4%b8%8a%e6%b5%81%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%b3%e3%81%9f%e6%b8%a9%e6%b3%89%e5%a0%b4

%e6%a5%a0%e5%b7%9d%e6%b8%a9%e6%b3%89%e5%8a%b9%e8%83%bd

せっかくなので、因縁の尾之間温泉に行くつもりだったのだが、宮之浦からだと原チャリで往復2時間近くかかり、帰りのフェリーに間に合わない。よって、15分程で行ける楠川温泉にしたのだが、これが大正解。こじんまりした風情ある温泉で、優しい時間が流れていた。

屋久島大社

dscf1077
2016.7.27(Wed.)10:41「屋久島大社」

1977年(昭和52年)に製薬会社・恵命堂の初代社長によって創建。邪那岐命・伊邪那美命を主祭神に祀っている。(参照:JAPAN WEB MAGAZINE
帰りはノープランでウロウロ寄り道をしながら帰る。写真はないが、道沿いに目立つ巨大鳥居があったので、そのまま原チャリで舗装された参道を進んでいくと(車でも乗り入れ可)、広大な日本庭園に囲まれた神社が出現した。

dscf1076
自分史上最高金額!?のお賽銭を入れて感謝を捧げました。

屋久島環境文化村センター

dscf1078
2016.7.27(Wed.)10:54「宮之浦川橋」

初日は時間が無くて見れなかった屋久島の紹介映像を観るため、屋久島環境文化村センターに再訪。映像だけでなく、屋久島について詳しく学べる展示ホールがあり、これが大ハマリ!実際いった行程を模型で俯瞰したり、実際行った場所の歴史が学べて、思い出がより、深いものになって蘇ってくる。これは、何も経験してない状態で来ていたら、興味を持てなかったかも。

展示ホールの最後にはこども科学館にあるようなクイズの機械が設置してあって、「5問連続で正解するとプレゼントが貰える」と書いてあったので、迷わず参戦(やっているのは僕一人でしたが……)。これが、なかなか難しく、3問4問までは正解するのだが、問題が豊富で、5問連続正解がなかなか出来ない。しかし、その過程で屋久島についてこれでもか!と学べたので非常に良かった。

img_20161012_223935

なんとか正解して、景品の絵葉書を頂く。その際、スタッフさんに季節の花についての説明も受けて大満足。結局、フェリーの時間ギリギリまで居座っていました。肝心の大画面スクリーンで上映される映像はどうだったのかと言うと……僕に「再訪を決意」させました(笑)。白装束を着た地元の人が宮之浦岳へ岳参りするシーンが決め手です。

フェリー屋久島2

何気に初フェリーで、その大きさと思ったより豪華なのにびっくり。鹿児島まで4時間10分と、飛行機や高速船より時間がかかるが、雑魚寝もできるのでかなり快適だった。

フェリー屋久島2

鹿児島8:30→宮之浦12:30

宮之浦17:40→鹿児島8:30

二等料金 大人4,900円/復路は往復割引で4,000円(繁忙期除く)

1日1便なので、関東から1日で屋久島に行く場合だと搭乗時間に間に合わないので、事実上使えない。よって、行きで乗る場合は、鹿児島周辺で一泊する必要がある。無論、別料金だが、個室も沢山あるので、家族でゆっくり過ごす場合もフェリーはオススメだ。帰港時は、鹿児島港からタクシー乗り場まで距離があるので、予め船内で予約しておくと、タラップの前まで乗客の名札を持って迎えに来てくれる。館内放送があるので、その時に予約しよう。

 

img_20160727_131900エントランス 上には海が見えるラウンジがあり、自販機や、営業時間限定のカフェやお土産屋もある。数は少ないが、コンセントも有り。

dsc01435雑魚寝 フェリーっぽい。

dscf1089ウミガメの展示 海で会いたいなー。

dsc01438

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%89
フェリーならではの、さようなら感が味わえる。

まさかまさか、下書きでここまで時間がかかってしまうとは思わなかった。おかげで、実に3ヶ月近く、屋久島漬けで楽しむ事ができました。なんの因果か、来週はもう、屋久島再訪日!!なんです。なので、「本には宮之浦岳縦走編を追加!」とか出来てしまいます(笑)。

これから、清書し、Kindleで読めるようにするまでもう少しかかりそうですが、我ながら楽しみです。最後に、ここまでお付き合い頂いた方に感謝申し上げます。是非、あなたの屋久島での体験も聞かせてください。ありがとうございました。