屋久島旅行記その10 1泊2日 白谷雲水峡〜縄文杉ツアー2


 

※基本順路に沿って行き帰りの写真を混ぜて掲載していきます。

DSCF0656
2016.7.25(Mon.) 6:40
微かな霧雨の中、いよいよスタート! 縄文杉ツアーで人気の荒川登山口はバスでしか乗り入れできないが、白谷雲水峡入口は車で乗り入れ可。

マイムービー 2
2016.7.25(Mon.) 6:46
整備された道と橋を過ぎると、ガイドのSさんが「こっちいきまーす。」とこの岩の先へスタスタと向かった。僕「まさかここ行くとは思わなかったです。」

DSCF0663
2016.7.25(Mon.) 6:58 標高730m「二代大杉」 樹高32m 胸高周囲4.4m 推定樹齢不明
倒木を礎にして成長した杉(倒木更新)。朽ちて無くなった倒木の形に沿って空洞が残るのが特徴(根上がり)。数多くの倒木更新や切株更新が成立するのは、豊潤な雨量を誇る屋久島ならでは。Fishing Cafe 樹木医:荒田洋一談)

DSCF0665
2016.7.25(Mon.) 7:01 「飛竜落としの滝」
増水時は岩が見えない程とか。撮影している吊橋に倒木が引っかかっていた事もあるそうだ。

DSCF0668
2016.7.25(Mon.) 7:06
今旅は「月に35日雨が降る」と揶揄される屋久島で雨を覚悟していたが、杞憂に終わった。その上、なんと、登山前夜にだけ雨が降るという恩恵を受ける。雨に蒸された苔むした森は、どこか神秘的で、実に活き活きと輝いていた。

DSCF1018
2016.7.26(Tue.) 13:38

DSCF0682
2016.7.25(Mon.) 7:41

DSCF0686
2016.7.25(Mon.) 7:46

DSCF0694
2016.7.25(Mon.) 7:55


2016.7.25(Mon.) 7:56 標高850m
「くぐり杉」 樹高22m 胸高周囲3.1m 推定樹齢不明 

DSCF0701
2016.7.25(Mon.) 7:58 標高850m
「くぐり杉」 樹高22m 胸高周囲3.1m 推定樹齢不明