人間用の石鹸を試してみた (人間編)


 

 

「石鹸いいかも!」という事で、いろいろ調べてみると、コールドプロセスで作られた石鹸って売ってるんですね。

コールドプロセスの石鹸なんて、今までの私の人生をかすりもしなかったのですが、調べてみると、手作り石鹸の代表的な作り方らしく、ファンも沢山いるのでびっくりしました。

(といっても、数年前の記事が多いので、数年前にブームになったのかな?)

私も石鹸の先生に習って作り始めたばかりなのですが、出来上がるまでに1〜2ヶ月かかるので、まずは市販品でよいから自分自身に使ってみて、犬用石鹸の使用感と比べてみる事にしました。

購入した石鹸は同じくコールドプロセスで作られた、「マルセイユ石鹸」という、手作り石鹸の火付け役となった著者のレシピで作られたものを選び、購入しました。

ノーマルタイプが良かったのですが、在庫がなかったので (そんなに人気なのか?)、ラベンダー&ローズマリー油が入っているタイプを買いました。

到着後、まず、匂いを嗅いでみると…

 

「犬用と同じ!」

 

基本一緒で、もっと、鮮烈にした感じでした。

…という事で、現在の私にはラベンダーやら、ローズマリーの匂いは嗅ぎ分けられません。。。

成分表示はというと…

石ケン素地、グリセリン、ラベンダー油、ローズマリー油、レモングラス油

他、成分表示枠外に「原料油脂は、オリーブ油、ココナッツ油、パーム油を使用しています」と記載があります。

原料油脂は石ケン素地の元になっているものでしょう。(油脂に水酸化ナトリウムを反応させて石鹸が出来るので。)

原料油脂の72%がオリーブ油とありますから、オリーブの効用を主体とした製品ということが解ります。

調べてみると、オリーブ油は保湿/洗浄力を、ココナッツ油は泡立ち/硬さを、パーム油はくずれにくさを出すのに優れているので、「保湿と洗浄力に優れた石鹸」という事になります。

※参考・・・ 石けん作りに使う油の性質 ( uki☆uki☆せっけんライフ)

その実力やいかに!? 早速使ってみました…

以下、感想です。

・泡立ち
良い!!犬用の倍くらい泡立ちます。でもって、もっちりしている感じで肌にまとわりつきます。

・硬さ
やはり、犬用と同様メルティーです。石鹸の表面から油が漏れ出る感じ。一般的に想像する石鹸とは違う溶け方します。

・仕上がり
犬用の時は「つっぱり感も潤い感もない」という感想だったのですが、こちらは、しっかり潤いが残り、肌がしっとりしています。この石鹸でシャンプーもしたのですが、乾いた後の髪にもしっとり感が残っていました。髪の毛の地(癖)は出ますね。

・洗浄力
洗浄力…と言ってよいのかわかりませんが、犬用だとさっぱり感が続き、1〜2日置きに体を洗っても気にならないのですが、この石鹸だと、体を洗うのを1日空けると「体洗いたいなー」ってなりました。=洗浄力が犬用より弱い??

・匂い
ほとんどしませんが、湯上がり直後はほのかーな香りが残りますかね。犬用もそうでしたが、超微香です。こう、自然系のやつって、香料成分(この石鹸ではラベンダー&ローズマリー)を使用していてもこんな感じなんでしょうね。一般的イメージの石鹸臭は皆無です。

・消費量
私の体全身に使って、犬用石鹸は消費量が9g〜10g だったのに対し、この石鹸だと4g〜5gで収まりました。それだけ、泡立ちが良く、濡れた時の硬さもこちらの方がある様に思えます。

…という事で、なんか、淡々とした記事になってしまいましたが、このマルセイユ石鹸、かなり気に入りました。

犬用にはオイリー過ぎるのかなと思いますが、自分が使う用としてはリピートするかも。

なんか、リッチな気持ちになるんですよ。

でも、このブログの宿命として、他の石鹸を試さなあかんのかな!? (汗)

まあ、肩肘貼らず自然にまかせます。

最後に

髪の毛は…

 

抜けませんでした (笑) 。

(過去記事) 初めての石鹸シャンプー(人間編) 〜毛が抜けた?

 

→私が売っている「犬用石鹸」はコチラ