クエン酸リンスを試してみた


 

 

石鹸百科さんの情報を参考にして、水500mLにクエン酸60gを入れたリンス溶液を作りました。

これを洗面器のお湯にキャップ一杯いれて、シャンプー後すすいだ髪に流します。

すると、びっくり! リンスを流した瞬間、一気に髪のきしみが取れ、指が滑るようになります。

と言っても、石鹸によって開いたキューティクルを閉じるだけの目的なので、過剰効果はないのですが、自分の髪の毛で起こっている分かりやす化学反応に感銘を受けました!! (笑)

そして、やっぱりクエン酸なので、口に入るとちょっと酸っぱい。。

ところで、この「キューティクルが開く」という性質、髪を脱色しまくり&補修剤吸収しまくりのかみさんが使ったらどうなるんだろ?

このシンプルな石鹸シャンプーで丸裸にされた日には、悲惨な状態になるんじゃなかろうか。 (ちなみに、私は生まれてこの方黒髪至上主義です。)

地毛、頭皮には良いとしても、薬品漬けになった髪はどんな反応を示すのでしょうか?

それとも、そんな大げさな作用はなく、フラットな結果だったりして。

ここは、かみさんに試して頂くよう説得してみます!! (望み薄ですが…)

その点、犬を脱色したり、カラーリングする方は少ないと思うので、石鹸シャンプーは犬本来の毛質を活かせるのではないかと期待しているわけです。

 

→私が売っている「犬用石鹸」はコチラ

 


クエン酸リンスを試してみた」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。