ソーパーズライフ創刊号に私のインタビューが掲載されました!


Soaper’s Life
一般社団法人ハンドメイド石けん協会待望の機関誌となります。

(誌面より抜粋)
こちらは手作り石けんに特化した初めての機関誌です。例えば飛行機の座席に据え置かれた機内誌のような、ただ何となくページをめくるだけでも楽しく、読めば様々な知識や情報を深めることができる、そんな誌面を目指して制作しました…略(企画広報委員会 委員長 里見千佳)

Soaper(ソーパー)とは「石鹸を作る人」という意味なので、Soaper’s Lifeとは石鹸を作る人の暮らし(または、人生/生きがい)という意味になります。

「例えば飛行機の座席に据え置かれた機内誌のような……」とおっしゃってますが「教材か!」と思わず突っ込んだほど、濃い内容も含まれています。で、この機関誌なんですが、物凄い少人数で作成されているのを聞いていたので(もちろん、多数の方の協力の下)、完成度の高さに感服しました。

私も屋久島本作成に頓挫し、編集の難しさの一端を体験した身としては奮い立たされるものがありました。まさに、出版も個の時代。情熱とある程度のデジタル機器の作法があれば、出版できるのです。(経験上、締め切りが必要だと思います……)

話がだいぶそれてしまいましたが、この中の

男性ソーパーが語る石けん作りの魅力とは?
「石けん男子」座談会

のパートに私のインタビューが掲載されています。

なんと、私以外は医師、薬学部学生、化粧品会社社員といわば、薬品のプロばかりというすごい面々となっており、一般人は私だけという構成になっております。

その一般人は、手作り石鹸を以下のように語っていました。

「子供の頃はボリュームたっぷりのピザやハンバーグが嬉しかったけれど、大人になった今はご飯と味噌汁と焼き魚に喜びと価値を感じる、私にとって手作り石けんとは後者のイメージです。」

……なんともコメントしがたいですが、要は「過剰」が胃もたれするようになったという事です。これは精神的な変化もあると思います。身内を亡くしたり、愛犬のサリーを亡くした後も、より、自然回帰を求めるようになりました。私自身は、元々肌の弱い方ではなかったので、合成洗剤を何も考えず使い続けて、例え、それが過剰に作用していたとしても、順応していたように思うのですが、最近は「タモリ式入浴法」とも言われた、湯シャンだけの日と、手作り石けんを使う日を併用しながら、人体の作用とぎりぎりのせめぎ合いを楽しんでいます。(単に不精なだけという指摘もありますが……)

月並みですが、この結果、お肌の状態が良かったりすると「ウフッ♡」ってなるんです。(冗談ですよ!!)

 

誌面の目次紹介

special intervew
自由な発想でありのままを楽しむ
自分らしい石けん作り 小幡有樹子さん TAOSOAP主催

好きな香りを効果的に取り入れて
石けんの香りの重要性 長島司さん セダーファーム代表

groupe intervew
「石けん男子」座談会

pioneer’s message
クレイと石けんの関係
アストリュック前原ドミニック アロマ・フランス株式会社代表取締役

素材TOPIC
カルダモン
鈴木裕 株式会社エヌ・ハーベスト代表取締役社長
ココナッツ
水井裕 株式会社ココウェル代表取締役・ココナティスト

ソーパーの引き出しから 石けんレシピノート
・ゴールデンレトリバー用ふわさら石けん
・はちみつとミルクのヘーゼルソープ

協会事業のご紹介
海外支援活動 ミャンマーカレン州

アースソープアクション 〜石けんで救える命がある〜
ソープエデュケーション 石けんを通して学ぶ環境のこと
研究・データ収集/シンポジウム/講習会・勉強会
デザイン石けんコンテスト2017

Trying to activities
北東北ソープをつくろう!
地域の特産品を生かした石けん作り 北東北支部主催のイベント
支部MAP
日本で、世界で、活躍するHSAソーパー
「寛容と自由の地・台湾で生まれる心地よい石けんたち」

「安心な犬の石けんで洗う大切さを伝えたい」
「家庭で受け継がれる手作り石けんを目指して」

読者プレゼント

支部マップを拝見しますと、全国どころか台湾にも支部があり、海外支援活動も含め、世界でも展開しているので、ハンドメイド石けん協会の規模の大きさが伺えました。

【一般社団法人ハンドメイド石けん協会 支部一覧】

北海道支部関東支部(北海道、東京、神奈川、千葉)
北東北支部(青森、秋田、岩手、山形、宮城)
南東北支部(福島、新潟)
北関東支部(茨城、栃木、群馬、埼玉)
甲信支部(山梨、長野)
東海支部(静岡、愛知、岐阜、三重)
北陸支部(富山、石川、福井)
関西支部(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫)
中国・四国支部(鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知)
九州支部(福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)
沖縄支部
海外・台湾支部

Soaper’s Life は、協会所属のサロンや、教室で閲覧可能です。

購入希望の方は以下に必要事項を記載して送れば、購入可能です。

■一般価格 ¥1,600 協会会員価格¥1,300
(2018年1月現在、一部あたり税・送料込の価格)

■お申込み先
E-mail:hsa★sekken.info (★を@に変更して送って下さい。)
FAX:03-6800-5499

■必要事項

・希望部数

・名前(振込人名義が異なる場合はそれも併記)

・送付先の郵便番号・住所

・メールアドレス(@sekken.infoからのメールを受信できるアドレス)

・会員番号(会員のみ)

■振込先

◎ゆうちょ銀行からお振込いただく場合
【銀行名】 ゆうちょ銀行
【記号】 10100-05233811
【名 義】 シャ)ハンドメイドセッケンキョウカイ

◎ゆうちょ銀行以外からお振込いただく場合
【銀行名】 ゆうちょ銀行
【金融機関コード】 9900
【店 番】 018
【預金種目】 普通
【店 名】 〇一八(ゼロイチハチ)
【口座番号】 0523381
【名義】 シャ)ハンドメイドセッケンキョウカイ

協会のサイトはこちら↓
一般社団法人ハンドメイド石けん協会

シンポジウムに行ってきます!

2月18日に協会のシンポジウムがあるので、行ってきます。挙動不審者がいたら僕なので優しくして下さいね。

2018 第5回ハンドメイド石けん協会 シンポジウム
第5回シンポジウムを下記内容にて開催いたします。年に1回開催される(一社)ハンドメイド石けん協会シンポジウムは当協会最大のイベントで、毎年たくさんの会員や一般のソーパーの皆様で賑わいます。今年度からはさらに趣向をこらし、さまざまな方面の専門家の方々をお招し、とても興味深い内容となっております。また展示、ショッピングなどを楽しみにしてくださっている方も多いと思いますが、本年度は今まで以上にたくさんの方が出店してくださいますのでどうぞお楽しみになさってください。

■ 講演内容

◆ 川崎 景介 氏
『色と花 ~人類が愛でてきた花、そしてその色~』
マミフラワーデザインスクール校長 花文化研究者

◆ 原 三郎 氏
『セリシンの人と犬に対する有効性 ~皮膚や毛髪・被毛~』
理学博士 NPO法人日本マルベリークラブ 代表理事

◆ 堀 いずみ 氏
『日本の発酵食 ~納豆について~』
発酵食大学講師 一般社団法人日本発酵文化協会 発酵マイスター
フードコーディネーター

◆ Naomi Yamada 氏
『ペットと呼ばれる犬や猫の殺処分ゼロを掲げ、命を救うということの意味』
NPO法人Tier Heim KOKUA(ティアハイムコクア) 代表理事
株式会社Aloha 703 代表 ハワイアンロミロミセラピスト

◆ 藤澤 由佳 氏
『お隣の国「台湾」の石けん事情』
HSAシニアソーパー 台湾支部 支部長 手作り石けん講師

※講演タイトルは変更の可能性がございます。

■ 開催概要
日時 平成30年2月18日 10時から開場
   物販:10時から13時、公演終了後16時30分まで
   講演:13時30分から16時まで

場所 フクラシア品川 東京都港区港南1-6-41
品川クリスタルスクエア2階 アクセス
電話 03-6430-9355

物販のみの参加でしたら1,500円で参加できます。

http://www.sekken.info/symposium/1488.html

↓私が売っている「犬用石鹸」はこちらです!
DSCF0807-3