ファブリーズで洗おう! イメージ ※汚れを落とす訳ではありません


 

「ファブリーズで洗おう!」 

……いやいや、洗えませんよね。

このキャッチコピーを鵜呑みにして、訴訟に至ったケースもあるみたいですが、
大半の人はファブリーズをスプレーして、衣類等を「洗った」とは思っていないと私は信じています(笑)。

ただ、なんとなくですが、

「布団干せないけど、ファブリーズしたから、まだいいかな

とか、

「車内は洗うの億劫だから、ファブリーズで済ます(←昔の自分、、、そして、なんとも言えない匂いが充満してても、ファブリーズしたからと現実逃避。。。)

というような方はいる気がします。

昨今は、評判がSNSですぐ拡散されるので、それに配慮しているのか定かではないですが最新のCMを見ますと、鉄板キャッチコピーの

「ファブリーズで洗おう

ではなく、

「ファブリーズで洗ったように消臭」

とナレーションしてします。

 

私がよく目にするパターンは、

「ファブリーズで洗ったように消臭除菌」

のナレーションを挟んで、最後に文字で

「ファブリーズで洗おう

のキャッチがドーンと表示される複合型です。

 

そして、いずれも、 イメージ ※汚れを落とす訳ではありません という小さい注釈が入ってます。

「ファブリーズで洗ったように消臭」

「ファブリーズで洗ったように消臭除菌」+「ファブリーズで洗おう」

ある洗剤メーカーの方から伺った話を元に、この商品がどういうものなのか推測していきたいと思うのですが、なんと、ファブリーズは雑貨品扱いなので、化粧品の様に成分表示義務がありません。

だからなのか、本体を見ても、以下の表示しかありません。。。

 成分:トウモロコシ由来消臭成分、除菌成分(有機系)、香料

※写真が白黒ですが、素材の汚さをごまかしただけで、悪意はありません。
IMG_fab

IMG_20150120_221416

化粧品は全成分表示義務を課しているのに、呼吸器から侵入する製品にも関わらず、雑貨品だからという理由で表示義務がないのはおかしい気がするのは私だけでしょうか。

よって、消費者は正確な判断ができないのですが、メーカーサイトの主要成分の表示も参考にして、トウモロコシ由来消臭成分、除菌成分(有機系)を解説したいと思います。

参照:P&G Myレシピ.com

成分

タイプ

働き

トウモロコシ由来消臭成分

全タイプ

トウモロコシ生まれの有効成分で、ニオイのもとの分子をとり込み、消臭します。

除菌成分(有機系)

ファブリーズダブル除菌

緑茶成分入り ファブリーズダブル除菌

ファブリーズ ハウスダストクリア

ペット用ファブリーズ

ファブリーズそよぐ草原の香り

ファブリーズくつろぐフローラルブーケの香り

ファブリーズふわりおひさまの香り

クルマ用ファブリーズ

Quat(クウォット)。特定の除菌成分の総称です。このタイプの除菌成分の安全性は広く認められており、化粧品や薬用石鹸などに使用されています。
有機酸。野菜や果物の酸と同じ成分が、Quat(クウォット)の効果を高めるために配合されています。

水溶性凝集成分

ファブリーズ ハウスダストクリア

高分子ポリマーの一種。ハウスダストをまとめて固め、空気中に舞い上がりにくくします。

香料

ペット用ファブリーズ

ファブリーズそよぐ草原の香り

ファブリーズくつろぐフローラルブーケの香り

ファブリーズふわりおひさまの香り

ポリエチレンとナイロンの多層構造

全タイプ

有効成分をやさしく布地に浸透させ、ニオイのもとをつかまえるのを助けます。

まず、トウモロコシ由来消臭成分。

トウモロコシ由来消臭成分=コーンスターチ=でんぷんと推測しますと、有機物として、それ自体が菌床になります。

次に、除菌成分(有機系)Quat(クウォット)。

Quatとは第4級アンモニウム塩の事で、この中には塩化ベンザルコニウムという旧化粧品指定成分(全成分表示が義務化される以前にアレルギー症状を引き起こす可能性があるとされた表示指定成分)が含まれており、PRTR法で第一種有害化学物質のヘキサデシルトリメチルアンモニウム=クロリドより毒性が強いそうです。

ただ、オフィシャルにはそれらの成分が含まれている根拠が見当たらないので、ある洗剤メーカーの方の見立てでしかありません。

それなら、直接メーカーに問い合わせようと聞いてみた所、答えてもらえませんでした(泣)。

私は有害物質が含まれていても、一概に悪だと断定するわけではなく、塩だって大量摂取したら死ぬしなーと冷静な思考の持ち主でありたいと思っているのですが、

「成分については製品に表示しており、それ以上はお答え出来ません。」と一辺倒にいわれてしまうと、憤りを感じなくもないですが、表示義務がないんだから説明義務も特にないというのが正解なんでしょう。

でも、私がメーカーだったら、そういう問い合わせの時に、安心していただける解答を用意して、メーカーのイメージアップにつなげようと思いました。

そもそも、言うまでもないですが、ちょっと考えてみて下さい。

ファブリーズをスプレーしたとして、繊維の奥深くや、中綿まで除菌できてると思いますか?

表面は一時的に除菌できるでしょうが、あくまで、緊急対処的なものであって、いわゆる、本当に洗わない限り根本解決にはなりません。

よって、ファブリーズを使うシチュエーションとしては、これから大事な人と会うのにタバコの匂いがついっちゃたとか、そういった時にいいかもしれません。

これはこれで、香りの好みがありますので、ファブリーズで着く香料によっては不快に感じる人もいるので、配慮が必要です。

いずれにせよ、洗って原因を取り除くのが最善である事には変わりません。

「ファブリーズで洗おう」

イメージ ※汚れを落とす訳ではありません

 

 

→私が売っている「犬用石鹸」はコチラ