ぶどうの樹液の石鹸


 

今回は4月に参加したハンドメイド石鹸倶楽部さんのワークショップレポートです。

■ぶどうの樹液とは?

・春先にぶどうが発芽するために根から吸い上げた水
・剪定した枝の切り口の先から自然に漏れ出てくるものを収穫
・毎年3月下旬から4月上旬のわずか2週間しか採れない

ググってみると……

ぶどう発芽水には、肌本来が持つ保湿因子NMFと同様な成分が豊富なうえ、糖類、リンゴ酸やクエン酸などの有機酸、アスパラギン酸などのアミノ酸、カリウム、カルシウムなどのミネラル類、イノシトール(ビタミンB群)などのビタミン類も含まれる。そのため、保湿作用、収斂・角質除去作用、皮膚疾患の予防などの有効性があるとされる。 研究・調査の結果、ほかにも、コラーゲン産出促進効果、メラニン生成抑制効果、セラミド合成促進効果など、アンチエイジングに働きかける天然美肌化粧水であることが、わかっている。
出典:exite.ism http://ism.excite.co.jp/garbo/rid_garbo274/

 

ぶどうの樹液
grepwater
「ほっほしい・・・」と思ったら、嬉しい事に、お持ち帰り分が用意されていました。グリセリン+エタノール+香料を加えれば化粧水に加工できるそうです。このままだと、日持ちしないそう。

 

石鹸粘土をぶどうに見立てて入れます。claysoap

 

石鹸のタネ
grapesoapliquid

 

↓動画はコチラ

 

しばらく保温して……
keepworm
box

いざ、開封!
open

おいしそー!!食べれないけど……open3
型出ししたら、約1ヶ月、風通しの良い暗所に放置します。

 

■自分で髪含む全身に試した感想です

※今回は市販品ではないので、使う油脂や配合により、風合いが大きく変わります。よって、あまり参考にならないので予めご了承下さい。この石鹸に興味のある方は是非、ハンドメイド石鹸倶楽部のワークショップにご参加下さいね。

・泡立ち   ★★★★☆
すぐ泡立ち、比較的もっちりした泡。手作り石鹸とは思えない豊富な泡立ち。

・使用感   ★★★★☆
泡立ちが良く、肌にしっかりまとわりつき、洗剤を使っている安心感がある。
使っている最中、ぶどうに見立てた石鹸粘土がポロポロとれるので課題。

・匂い    ★★★★☆
ぶどうを意識したブレンド精油を配合しているので、洗っている最中は、いつもよりリッチな気分に。香りの影響を再認識。洗いあがり後、香りは残らない。

・減り具合  ★★★☆☆
使用量は1回あたり3g〜5gと、今まで使ってきた手作り石鹸の平均値。

(比較用過去データ(1回あたりの使用量):アレッポの石鹸3〜4g パーム石鹸2〜3g オリーブ石鹸5g パーム核石鹸5〜6g ラード石鹸5〜7g)

・テンション ★★★★★
洗いあがり、艶々の黒髪を見て「髪の色が変わった!なんでですか!?」と教室へメールしちゃいました。。。日本語でこれを「艷やか」もしくは、「気のせい」と言います(笑)。

■わんこへの使用
★★★★★

むおー!泡立つので洗いやすいし、黒毛のプッチは艶々、薄茶色のサリーの方もフワフワでいい感じ。人間用石鹸としては過去最高に良い。ブレンド精油のおかげで、人間的にはすごく良い匂いだけど、わんこ的にはどうなのかちょっと心配。洗う時にフワッと香りますが、乾かした後はほとんど匂わない。

 

↓泡立ち加減の動画

 

(後日談)
今回の石鹸を使って、うちのプッチ(チワワ♂)とサリー(チワワ♀)をかみさんにシャンプーしてもらい、洗いあがりに惚れ惚れしていたのですが、なんと!サリーの方はポロポロ取れたぶどうに見立てた粘土石鹸部分がもったいないからという事で、それを集めて使ったそうです。(それは本体じゃないと言ったじゃないか……)

……という事はですよ? 本体部分であるぶどうの樹液が入った石鹸は関係ないわけじゃないですか。でもでも、サリーの毛並みはいい感じ。。。どういう事??

 

→私が売っている「犬用石鹸」はコチラ